本・DVD・ゲームなど個人的に面白かったもの
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< あかく咲く声 | main | 鋼の錬金術師 21巻 >>
タイヨウのうた

評価:
坂東賢治,坂東賢治
ジェネオン エンタテインメント
¥ 2,989
(2006-11-22)
 
連続ドラマ化もされましたが、断然映画派です。
特に派手さもなく、劇的な展開があるわけでもなく、ごくごく普通の少年と少女の物語が綴られているのですがそこがいい。素朴な雰囲気が漂う話です。後半若干説明っぽくなったり、横浜デートのコースがおかしかったり(地元なので気になる・笑)気になる部分もありますが、オススメな作品。
主人公達若者組のアホさ加減に和んだり、そんな彼らを見守る大人たちと一緒に微笑ましくなったり…あったかいなぁって思います。YUIの演技に評価が分かれるところですが、そこが逆に普通っぽくていいです。塚本くんもアホだけど元気で、芯のある普通の高校生といった雰囲気で。友人達や家族のキャスティングもいいです。
ストーリーも、彼らは本当に幸せだったんだなと、そしてこれからも幸せになっていくんだと、切ないながらもちゃんと希望を見据えてまとめてあります。「会えて幸せだったよ」と笑顔で言える、あのEDがたまらなく好き。
些細な部分に至るまで可愛らしかったり、笑えたり、その場の一員になったような感覚で見れます。
またYUIの曲が映画にあっていて秀逸。映画のラストで流れる『Goodbye days』は切ないながらも未来を感じさせてくれます。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://ma-bo-do-fu.jugem.jp/trackback/24
TRACKBACK